作業員

失敗しない鳩害対策

鳩害対策の今と昔

散布機

マンションのベランダに飛来したり、車の上に糞を落としていったり。街中でこういった被害を及ぼす鳩は、主にドバト(カワラバト)やキジバトと呼ばれる種類です。一昔前は、マンションのベランダの手すりに剣山を置いたり、CD・目玉風船・カラスの模型を吊るすのが、鳩害対策の主流でした。ですがこれらの鳩害対策は、一時的に効果はあっても、鳩が慣れてしまうと効果がなくなるものでした。現在の鳩害対策は、視覚的効果をねらうものより、直接鳩にアプローチするものが増えています。防鳥ネットやテグス(釣り糸)・ワイヤーを張ったり、電気ショックを与えたり。鳩除けスプレーや忌避剤の塗布、鳩除け磁石というものもあります。鳩除け磁石とは、鳩の体内コンパスを狂わせて、帰巣できなくするという磁石です。これらの鳩害対策は、直接鳩にアプローチするとはいえ、鳩を殺傷するものでは、もちろんありません。鳩の巣を撤去することは可能ですが、卵・ヒナ・親鳥の駆除は、認可された駆除業者以外はできないと、鳥獣保護法で決められているのです。また、現在の鳩害対策も、鳩の習性を知らずに行うと、あまり効果を望めません。

鳩の習性を知る

鳩は、帰巣本能がとても強い鳥です。カラスや猫などの外敵から身を守れる安全な場所に巣を作り、その同じ場所へ戻る習性があります。 ですから、マンションのベランダの物置や室外機の下、換気扇フードの中などに、よく巣を作るのです。また身の安全だけでなく、近くに餌場がある場合も多いです。 さらに鳩は、鳩の糞に引き寄せられるという習性があります。糞は、臭いだけでなく、金属を腐食させたり、病原菌を媒介することもあります。ですから、糞を見付けたら放置しないことも、鳩害対策の1つです。 そして鳩は、学習能力が高い鳥です。ですから、目玉風船や剣山などにも、すぐ慣れてしまうのです。つまり効果的な鳩害対策は、鳩を手すりなどに留まらせない・侵入させないということになります。 そこで、防鳥ネットや忌避剤が有効な鳩害対策になります。 ですが、防鳥ネットは、きちんと張っていないと隙間から侵入してしまい、逆に鳩の安全地帯になってしまいます。忌避剤も、効果が薄れれば、再度塗布する必要があります。